2019・1・7
NEC_0003



2018・12・8
NEC_0005



2018・12・6 time22:29
NEC_0006



2018・12・6 time22:29
NEC_0007



2018・12・6 time13:55
NEC_0008



2018・12・6 time13:46
NEC_0009



2018・12・6 time13:43
NEC_0010



2018・12・6 time13:40
NEC_0011



可愛い寝方 2018・11・30
NEC_0013



2018・5・12
NEC_0019

包帯代わりに綿のTシャツを2枚着せて、
1日4~5回着替えていました。

2018年の2月頃に前脚の爪が割れて病院へ。
左前脚の薬指(狼瘡が親指としたら)の第一関節から手術で取り、
検査結果は黒色メラノーマ。

1週間後、同じ指を根元から切除


2018年2月26日
IMG_2131


IMG_2558
指を取って2週間後・・・・・。
ハラハラする私を他所に元気が止まらないジャム。
傷口はキレイになりましたが、
指先は傷が開きやすいので様子をみながらの
久しぶりのドッグランでした。
一緒に遊んでくれているのはウェン君!

ボール遊びが何よりも大好きなジャムさんでしたので、
断脚は最初から望みませんでした。
メラノーマがとても浸潤性が早いと聞いての判断です。

腫瘍が花開く様に広がり、体液が出続けると
1日中腫瘍を気にして舐めるようになり、
遂には夜もあまり寝れないようになりました。

足もパンパン。
腫瘍が腕のどこかで循環を悪くしているためです。
この時は辛く、私自信はジャムに安静に安静にと、
長く一緒に居てもらいたいがために
ボール投げもやらない・ほんの少しだけ遊ぶ
という感じでしたが、
なんと旦那さん!
「何言ってんだ!ジャムがつまらないだろーーー!」
「ジャムはボール投げが好きなんだからーーーー!!!」と、
ガンガン遊び始めたのです。

(ボール遊びが好きだから断脚をしないと決めたのに、
途中からボール遊びの無い安静を求めてしまいました。
矛盾してますね。)

そしたら足の腫れが引いてきて、
手術というか処置が出来る状態になり、
先生と相談し、1時間麻酔で寝ていてもらい、
モーズペーストで焼いていただく事になりました。
旦那さんの「遊ぶんだ―――――!!!!!」に
感謝しています。
ジャムも楽しい・生きたいと思える日常を取り戻して、
運動のおかげで循環が良くなったのかもしれません。

この時には他の所への転移もハッキリ触れて確認ができました。

最初の写真の様に処置後はキレイになりました。

亡くなったのは2019年4月4日です。
2018年12月6日のモーズペーストの処置を受けてから4か月後ですね。


IMG_3562
IMG_3514
2019年の3月。旅行にいきました\(^o^)/

IMG_2133
色んな事が起きる子でした。
これは何故か体液が溜まってしまって抜いてもらったときのです。

20160228_101808
20160228_101809s
IMG_2250
カメラを向けると何故か吠える。フフ。

物凄く素敵なことだらけ。
書ききれないですね。

この記録はモーズペーストの経過を見たいと思っている
現在闘病中の子達の何かのお役に立てればと思い投稿しました。