🌷Aちゃんの場合。

大型犬の女の子。
幼い時から膀胱炎になりやすく
6歳を過ぎた頃から頻繁に膀胱炎になる様になり、
フードを処方食に変更することになりました。
結果は、


このフードを使ったらオシッコの量が怖いくらい多くなり、
2週間で辞めました。

このフードに替えてから
ロイヤルカナンのフードの時の怖い量のおしっこではなく、
やはり多少オシッコの量は多くなりますが、
付き合っていける量になり、
膀胱炎にもならなくなりました。 


🌷Bちゃんの場合。

中型犬の女の子。7〜8歳頃から急に膀胱炎になりやすくなる。


 で、落ち着いています。

他のフードも試しましたが、
また膀胱炎になってみたり、食が進まなかったりで、
Aちゃんの時とは違い、オシッコも大量に出過ぎることもなく、
ずっと安定しています。

🌸色々な種類が処方食として出ていますが、
それぞれの子に合ったフードを探してあげる事が大事だと思いました。